Menu

証明写真撮影

Home

社会人の履歴書にスピード写真・・・それマズイかも

女性

就職活動のメインツールとなる履歴書の作成。自分を売り込むためにはまずは書類選考を通過しなければいけません。そのため、多くの方が頭を悩ませながら内容や表現の仕方に注力して作成されていることだと思います。しかし、証明写真はいかがでしょうか??
自分がスーツ姿で写っていればどこで撮った写真だろうと同じ。大事なのは内容と面接での応答でちゃんと自分をアピールできるかどうかだと思っていませんでしょうか?

確かにそれも一理あります。しかし、そこには一つの誤算から生まれる大きなリスクがあります。

書類選考の際、採用担当の目にまっ先に留まる可能性が高い部分は証明写真です。

というか、名前の横に証明写真が貼られているわけですから誰が見てもイヤでも目に留まりますね。
さて、ここからが本題です。ではなぜ、社会人の履歴書にはスピード写真を貼らない方がいいのでしょうか。
それは一言で言うと、スピード写真では到底、「あなたという人物の良い状態を写せないからです。」

では、具体的に良い状態とはどんな状態でしょうか。
良い状態とは、身だしなみを整えるのはもちろんですが、それは「客観的目線から見てあなたのハツラツとした雰囲気が最も感じられる瞬間」です。
私たちは機械ではなく、撮影のプロです。良く写すためのアドバイスを行い、その瞬間を切り取ることができます。
つまり、スピード写真とは写真の質に雲泥の差が出るわけです。

人事部の採用担当や面接官は当然ながらプロです。その写真がしっかりと準備を行い撮影された写真かどうかくらいわかるでしょう。
そして、もしも書類選考の際に同レベルの内容の履歴書があったとしたら、より細部にまで気を使って作成されている履歴書を選ぶか、
もしくは、よりハツラツとした雰囲気を感じる人物を選ぶのが人ではないでしょうか。
加えて企業側は、当然ながらうちの会社に全力で入りたいと思っているヤル気のある人材を求めています。
しかし、証明写真がスピード写真だとそのへんの意気込みや社会的マナーに疑いを持たれる余地も出てきます。
そういった小さな疑念から「どこか考えが足りない人物」だと推察される可能性も決してゼロではありません。
そういった細かなリスクもしっかり削ることで採用の合格率が上がることはあっても下がることはない。
つまり消せるリスクは全て消す、できることは全てやっておくことが内定のポイントであり、
「細部まで気を抜かない人物像作り」 = 「証明写真をキチンと撮ってある履歴書」ということです。
では就活生の皆様、ベストを尽くしましょう!健闘を祈っています。がんばれ就活生!

- Photo IWAMARUのちょっと嬉しいポイント -

背景のカラーはブルー、グレーから選べます。
オプションで、CDにデータを入れてお渡しします。焼き増しはCDを当店にお持ちいただくだけで対応できます!

- こんな場合にご利用ください -

女性

就職・転職活動

車

各種運転免許証の取得・更新

空港

パスポート

※運転免許証の写真持参は、申請日前6ヵ月以内に撮影し、無帽・正面・無背景で胸から上が写っているものにかぎります。(縦3㎝、横2.4㎝の縁なし)
※詳しくは、運転免許試験場にご確認ください。